本ホームページはInternetExplorer7〜9、Firefox3〜4、Safari5以上を推奨しております。それ以外のブラウザをご利用の場合は、機能や表示に不具合が出る可能性があります。

関の刃物

鎌倉時代の昔から孫六の息吹が現代によみがえる、日本刀鍛錬。まさに秘伝の妙技。

兼元作(関の孫六)
関市に刀鍛冶が誕生したのは鎌倉時代。刀祖「元重」がこの関の地に移り住み、刀鍛冶を始めたといわれています。良質の焼刃土と炉に使う松炭、そして長良川と津保川の良質な水・・・刀鍛冶にとって理想的な風土条件を備えたこの土地にいつしか多くの刀匠が集まりました。室町時代には刀匠が300人を超え、「折れず、曲がらず、よく切れる」といわれた関の刀は、その名を全国に広めていきました。戦国時代には、武将の間で愛用され、無類の切れ味を発揮したといわれています。特に「関伝」を有名にしたのは、「関の孫六」で知られる「二代目兼元」です。兼元(孫六)は、独特の鍛刀法(四方詰め)により頑丈な刀を作ることに成功しました。その後、関市は日本一の名刀の産地として繁栄し、この卓越した伝統技能が現代の刀匠や刃物産業に受け継がれています。そして、今や世界でも有数の刃物の産地として知られています。
日本刀鍛錬
日本刀鍛錬
日本刀鍛錬

関鍛冶伝承館

関鍛冶伝承館
鎌倉時代から受け継がれる関鍛冶の技を今に伝える施設。1階は兼元・兼定などの重要刀剣をはじめとする日本刀や、その製造工程・歴史に関するさまざまな資料を展示。2階はカスタムナイフ作家のコレクションや百徳ナイフをはじめ関の刃物文化が生んだ製品がずらりと展示されています。刃物まつりや一般公開日には、日本刀鍛錬や技能師の実演が行われます。
住所〒501-3857 岐阜県関市南春日町9-1
お問い合せtel.0575-23-3825
開館時間9:00〜16:30
定休日火曜日・祝日の翌日(休日を除く)
入館料大人:200円(150円)/小中学生:100円(50円)
※()団体割引 20名以上
刃物関連行事の日と一般公開日は入館無料

刃物関連行事/一般公開日

●刃物関連行事

刃物まつり毎年10月体育の日の前の土・日
「刃物の日」・刃物供養祭毎年11月8日

●一般公開日

古式日本刀鍛錬打初め式毎年1月2日/10:00〜
古式日本刀鍛錬及び刀剣研磨等外装技術の実演3・4・6・11月の第1日曜日

※日時については変更になることもあります。

季節のおすすめ

天気情報

フォトライブラリー

関市の観光情報を、写真でご覧いただけます。また、観光PRを目的に貸出もしています。

貸出希望の方は登録をお願いします。(登録は無料・3日間有効)

フォトライブラリーを見る

板取川エリア観光情報

津保川エリア観光情報

リンク